5教材

5教材

教材選びで失敗しないコツ

将来の夢も見えてきて、そのために必要な勉強もわかってきた。
さあ勉強を始めようとなったときに、勉強するための必要な教材を
手に入れる必要があります。

教材といっても種類は様々

どんな種類があるのかをまず見ていきましょう。

・教科書
・参考書
・問題集
・参考資料(ネットの情報や辞書など)
・指導者、先生

これらの教材を購入するにあたってよくある失敗

それは

・あれもよさそう、これもよさそうとやみくもに複数の教材を買ってしまうこと

どれも中途半端で終わってしまうことがよくあります。

まずはあれこれ手を着けずに薄いものともう一冊くらいを繰り返しましょう。

1冊をマスターしてから、余裕があれば補助的に他の教材に手を広げましょう。

最初は薄い教材で全体把握することをお勧めします。

問題集を選ぶポイントですが、
解答を先に立ち読みしてみてください。
「問題集」のレベルは、「解答」のレベルで決まるのです。
・要点が見やすくまとめられているもの
・たとえば…と、例示して脱明がわかりやすくしてありくわしいもの
・入試問題にも結びつけて解説されているもの
・自分の苦手部分の脱明がくわしいもの
がよいでしょう。

その他、教材を選ぶポイントはこちら。

合格者が使っている参考書を使ってみる。
複数の参考書を見て、同じ内容のところを比較すれば、自分に合う参考書は見つかります。
ポイントのまとめが入つているものを選んでみる。
作った人の感覚が自分に合うかどうか。
表などを多用して、知識の整理をしやすくしているものもお勧めです。
間違いやすい事項がたくさんある場合にそれを整理して表にしてあるもの
説明の仕方がやさしすぎず、難しすぎないものがよいです。
自分が理解できない本に出合ったときには、さっさと次の本で勉強をしたほうがよいです。
テキストは「やるべき」より「やれそう」で選びましょう。
書評や広告で調べ、出版杜名や著者名、著者略歴を参考にし、最終的には実物を見て判断するしかありません。
内容が正確
自分に必要な情報が含まれている
文章が読みやすい
脱得力がある
感動がある
デザインが洗練されている
前書きや目次、中身の拾い読みで確かめる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする