ストレス

ストレス

勉強をするうえでの普段の心がけとしてストレスをためないようにしましょう。

不安やストレスがあると学習効率が悪くなります。
適度なプレッシャーは集中力になりますが、過度のストレスは脳に悪影響を与えます。

ではストレスをためないようにするにはどうすればよいか。
ストレスをためない方法を紹介します。

まずはストレスがたまる考え方を変えてみましょう。

ストレスの原因は「出来事」ではなく「解釈の仕方」です。

同じ出来事に出会っても、それがストレスになる人とならない人がいます。
例えば、仕事で失敗したとき、それを気にして夜も眠れない人もいれば、すぐに忘れてケロっとしている人もいます。
この差はどこにあるかというと、人それぞれの価値観によるところが大きいのです。
「失敗は絶対にしてはならない」という価値観をもっている入が失敗をすると、大きなストレスになります。
逆に「失敗するからこそ、成功もある」という価値観をもっている人は、失敗にストレスを感じません。

どのような価値観をもつかは人それぞれだし、自分のもっている価値観を変えるのは簡単なことではありませんが
自分の価値観にこだわりすぎるのは、大きなストレスを生むもとです。
ストレスを感じたら、その原因は自分の価値観にあると、まず考えてみましょう。
そのうえで、自分の価値観を検討してみてください。
その結果、こだわっていたことが、案外たいしたことではないと思える場合もあります。
そうなればストレスも、ずいぶん小さくなるのではないでしょうか。

仕事量が増えれば増えるほどストレスは増えるわけでもありません。
逆にやる気の量が増えれば増えるほどストレスの量は減るということもあります。

ストレスというのは不可欠な存在であり、完全になくすことは難しいです。
ストレスと上手に付き合うことが大切になってきます。

目標を立てても、本人にとってその目標を違成するまでの努力が、極端につらく苦しいものであると、
大脳コンピュータは、べ一タ波の状態になり学習効率や練習効率が悪くなります。

まずはストレスを自覚して、自分なりのストレス対策を練りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする