仲間

仲間

勉強はひとりで進めるよりも仲間を作って、仲間と一緒にやる方が効果的です。

さらに、その仲間は時としていいライバルのような関係になるのが望ましいです。
ライバルの顔を思い浮かべて、負けてたまるかとやる気が沸き起こります。
ただし、競争といっても、他者を蹴落とすことをでなく、他者と競うことで自分を磨くことが大切です。
共に人生を歩む友として、互いに人格を尊重し合いましょう。

自分より勉強している人をまわりに置くのもよいでしょう。
いい刺激を受けることで自然と勉強が身につきます。
人から学ぶことで白分が変わります。

ただし、雲の上の存在のような人と自分を比べるのはやめましょう。
自信をなくしやすいです。

仲間を作ることのメリットはこんな感じ。
他の人はどんな勉強の仕方をしているのか、どんなノートの取り方をしているのかを知ることができる。
仲間のノートを見せてもらいましょう。
卒業する先輩からはノートをもらいましょう。書く手間、整理する手間が省けます。
勉強のコツを盗みましょう。

できる人から山あてのコツが聞けます。

苦手科目は、後輩のノートを借りて復習しましょう。

勉強が自己満足で終わるのを防げます。

仲間で情報収集を分担することもできます。
ペアを組んだら、組まないときの2倍はかどります。

仲間には先生も含めましょう。親しくつきあうと勉強の要領をつかむことができます。

独学には限界があります。人から教わることが上手になりましょう。

自分の学習の成果を他人と共有しましょう。

仲間としての心構えがあるので気をつけることがあります。
相談されたら、一緒に考えるようにしてください。
自分だけ教えてもらって人に教えないのはよくないですよ。

「何を学ぶか」よリ、「誰から学ぶか」も大切です。
この人に教わりたいという人を見つけて会いに行きましょう。
人から学ぶのです。
他人の経験からも学ぶことができるのです。

師匠を見つけましょう
自分と似たタイプで、同じ方向の「先人の智恵」を拝借することが肝心。
「できる人」に聞け、学び、マネして創意

グループをつくって勉強できる勉強会というのに参加して仲間を見つけてみましょう。

数学が苦手なでも、数学を熱心に勉強している人と会えば、自分の気づかなかった学習法や、学ぷ楽しさを教えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする