先生ごっこ(アウトプット)

先生ごっこ(アウトプット)

先生ごっこでアウトプット暗記

勉強するときは、最終的に自分が人に説明するという心構えを持ってみましょう。
授業中に先生から「あとで説明してもらうからしっかり聞くように」と言われると集中して
聞くのではないでしょうか。
その意識をもって勉強に臨みましょう。

勉強した内容について、
講演会の講師となってプレゼンや授業をしてみる。

そうすることで説明ができないということは理解が足りていないということがわかります。
覚えたことを子どもに話して、知識がきちんと系統立てて整理されているかを確かめるのもよいでしょう。

誰にでもわかるように説明できるようにするのです。
簡潔に説明できないということはのはわかっていない証拠となります。

まずは説明できるようにするための文章や論文を自分の言葉で書いてみる。
覚えるべき情報を含む文章をつくるのです。

絵にかいてもよいでしょう。
閤題の意味をきちんと理解しているかどうかは、絵に描かせてみるとはっきりします。

文章が書けたらまずは自分自身に説明してみましょう。

そして、最終的にはメモなどは見ずに頭の中にあるものをすらすら説明できるようにしましょう。

ちなみに、アウトプットはできるだけインプットした直後にするのが望ましいです。

知鐡は応用、加工して使ってこそ生きるものです。
アウトプットすることで知織を使う機会と場を持ちましょう。

——————————

楽しく調ぺ、楽しく覚え、楽しく人に聞かせることができれば、義務感や強制からではなく、自然と記憶が促進される
ことばあそび
うような何らかの組み合わせを考える。

学術瞼文も書いてみよう
記憶すべきものは大声で暗唱する
記憶しやすい情報は伝えやすい情報
先生役にさせるLMつまずき。が見えてくる。
人前で話すことは勉強になる
人に向かつて自分の意見を述べる

ω一つのことを詳しく書く
思い出すことで記憶が整理され、目分の言薬が聴覚を刺激する。人に教えるという体験で「エピソード記憶」にもなる
おぼえた直後に何度も一り返して声を出して一一冒つてみるとか・指で机上に書いてみたり、頭の中で雷いてみたりする
学んだことは、アピールしないと生かせない
自分の得意な話、輿味のある分野で、i時間くらいで話せる「授業jを、作ってみましよう。
物語る力をつけなさいκ
自分で自分に講義する「セルフレクチャー」の効用

テレビや本で学んだことを積極的に受け売りせよ

言葉では脱明できないものを学ぷのが、勉強。

相手に理解しやすくする高速記憶のキーワード「たとえば一」。

言葉にする、問題を自分で作る
クラスのなかで質問をすること、そしてむ諭に加わることでも実行できる。魅
・達成感を演出する、M独学ダイアリー(記録)ψをっくろう15
感動は、人に誘すことによってもっと大きくなる
原理の説明自分が覚えようとしている事柄の意味、重要性、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする