勉強会

勉強会

スクール・塾の説明の時にも少し触れましたが、勉強会についてもう少し考えてみましょう。

まず、勉強会に参加してもなかなか効果が上がらない人には次のような共通点があります。

・今日はどこ、明日はどこというように、手帳のスケジュール表を真黒にしてただ単に勉強会を飛び回っているだけの人
・地道な勉強の基礎的な知識がないと、そう効果はあがりません。俺は勉強しているんだゾという自己満足で終ってしまいます。

こうならないためにもまずは勉強会の目的、自分がどうなりたいのかの目標を自覚しましょう。

そして、目的に合った勉強会を探しましょう。

勉強会の探し方を説明する前に、勉強会の種類について知っておきましょう。

どんな種類の勉強会があって、自分の目的にかなった勉強会が何なのかを知りましょう。
そして、自分に合った勉強会をみつけましょう。

■発表会方式
メンバーが交替で研究発表します。
メンバーの能力や経験にあまり差がない勉強会や、技術系の勉強会などに適しています。
■授業方式
講師を招いて講義を聴く方式です。
新しい経営方式や、金融技術のニュートレンドといったような扱新の情報を吸収するのに向いています。
■討論会方式
特定のテーマについてメンバーが討論する方式です。
販促方法を研究するような会に向いています。
討論の内容を記録しておくことが必要です。
■講演会方式
講師を招くという点では授業方式と同じだが、単発のテーマについて行われる点が異なります。
質疑応答ができるようにしておくことが大切です。

勉強会は勉強することだけが目的ではありません。
人脈づくりや人的交流、考え方や技術のノウハウの吸収にもつながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする