変換

変換

知らない言葉や新しく覚えたい情報は、既に自分が知っていることに変換するとよいです。

まったく分からないものは、記憶が困難です。
むずかしい概念は、身近な言葉で言い換えましょう。
変換することで理解しやすくなり、覚えやすくもなります。

では、変換のやり方についてご紹介していきましょう。

変換をするうえで、以下のことに気をつけましょう。

・具体的な事柄に置き換えてください。
 抽象的な内容は具体的なイメージが無理ですから、図解した上でイメージ化しましょう。
 数学の文章題は、図解すること解決させましょう。
 図形問題は、自分で図を画くことが原則で、そこに与えられた条件をすべて書き込んでみましょう。
・難しいことを簡単に言い換えて諾歳。
 他人の言葉を自分の言葉に翻訳してみましょう。
・無意味なものは、理解できるこじつけの有意味化でも構わないのでとにかく連想して変換させましょう。
・加工、視覚化してください。
 覚えようとしている事柄は、それについて自分が感じている象徴的な色をしていると想像します。
・おもしろい名前やことばあそびに変えてみましょう。
 自分がおかしいと思える文章は必ずしも現実的なものである必要はありません。
・覚えようとすることばに近い同義語を考えてください。
 覚える必要があることばと同類に属することばを考えて変換するのです。
 逆に覚えようとすることばの反対語を考えてください。
・覚えるべきことばと似ている音のことばを考えてください。
 韻を踏んでいるものに変換するのです。
 例えばイタリアの地名ベルージャはペルシャ猫wに置きかえる等です。
・同時に二種類の似た事柄を覚えるのは混乱するので避けましょう。
 同時に二つの外国語を覚えようとすると、片方のことばの単語がもう一つのことばの単語を覚える妨げとなることが多いのです。
・いいかえ、単純化する。
・自分にとって覚えやすいように、内容を修正しましょう。
・よく目立つものに変換しましょう。
・変わっているものに変換しましょう。
・色彩豊かで誇張されていることに変換しましょう。
 強烈なイメージを創造することができれば記憶は強固なものとなります。
・わかりやすいものに置き換えて考えること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする