得意

得意

勉強が嫌いになったり、スランプに陥ったときは1度今までの勉強を振り返ってみましょう。

そして得科目を探してみましょう。
得意科目などないという人は、得意な部分、好きな部分を探してみましょう。

「歴史は苦手だけど、江戸時代は好き」
「英語は苦手だけど、英語の歌は好き」
などでいいので、得意なところ、好きなところを探してみてください。

そして、勉強に手がつかないときはそういった好きなところから始めてみましょう。
まずは始めるための足掛かりをつかむのです。
ウォーミングアップのようなものですね。

何が得意なのかわからないという人は成績のよい科目をリストアップしてみてください。
得意なところ、好きなところを探すというのは、やる気が起きない時にも効果的です。

また、得意な部分から、関連するところへと広げていって得意分野を増やすということも大切です。
「江戸時代の絵画が好き」というのであればそのまま「国語の文学」の勉強に結びつきます。
国語が苦手であれば国語の文学から始めるといいでしょう。

得意分野を広げるということが得意分野を生かすということにつながります。

さらに、私立の受験では全ての科目を勉強する必要はないので、得意科目だけを伸ばすというのが
有利です。
受かる自信をつけるには、まず得意科目をひとつつくればいいのです。
ただし、得意科目でも3日に1度くらいはさっと目を通さないと、本番でのカンが鈍ってしまうので注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする