整理

整理

頭のいい人や要領のいい人はたいてい整理するのが上手です。
整理といっても単に机の上を綺麗にすることではなく、覚えたいことを理解できるように
頭の中で整理するという大きな意味での整理です。

記憶しやすくするためには整理が必要です。
ここでは整理をするための方法について紹介したいと思います。

①削除する
整理することの前に、いかに捨てるかが大事になってきます。
説明のためにくどくど書かれている文章は、もうわかってるよというのであれば削除してしまいましょう。

②小さく分割する
どんなに大きくみえる作業でも、よく見れば細かい単位で構成されていて、細分化できます。
文字数の長い英単語などは分析して覚えやすいように短く区切ってみましょう。
英語は接頭語、接尾語で区切ると覚えやすいです。
例えば「internationalization:国際化」は「inter」「national」「ization」と区切れます。

③目的別・時問別・ジャンル別・類義語・並べ替え(50音順、優先度順)て系統立てて整理する。
本屋さんに行って本を探すときに、「スポーツ」「文学」などとジャンル別、作者順に並んでいないと
探すのがとても困難です。
覚えるときもしっかりとジャンル別に整理して覚えるようにしましょう。
そして、分類は単純でわかりやすくやるようにしてください。
決まった場所に決まった形式でおくようにしましょう。
単純で分かりやすくすることで目的の情報に迷わずに行き着くことができるのです。
言葉を覚えるときなどは類似するものをセットにして覚えるのも効果的です。

④変換して一文やキーワードで表す

⑤箇条書きにする
問題を整理して、箇条書きにするなどの習慣をつけましょう

⑥文章にまとめることで整理する

⑦図式化したり、視覚化する。

覚えるときはこのように整理して要約して頭に入れることで、思い出すときも
必要な情報を見つけ出しやすくなります。

整理して覚えた情報ですが、時間とともに陳腐化するし、不要なものがたまっていきます。
一定期間ごとに情報の質と量を見直し、整理とメンテナンスする作業が必要になってきます。
たまりすぎた情報は捨てるか別の場所へ移すようにしましょう。

情報をメンテナンスするときは以下のチェックを行って整理してみてください。
▼その情報の信頼度はどのくらい高いか
▼同種の情報がほかにあるか
▼同種の情報と比べて、どちらの質が高いか
▼他の情報とのダブりがどのくらいあるか
▼その情報は他の仕事にも必要か
▼その文書で内容以外に必要な部分があるか
▼他のメンバーやセクションに必要なものか
▼加工することにより新しい価値をもちうるか

整理するテクニックが身につけばノートの取り方も整理されて、復習するときは
一目見て思い出せるくらいになるといいですね。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

①使用目的をはっきりさせる
③決めた場所に置く
④収納フオーマツトをそろえる
情報のメンテナンス

一定期間ごとに情報の棚卸しを
☆テスト類はすべてファイルして整理保管しておく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
①分類・収納はあまり手間と時間をかけずにできるか。
③分類の基準を変えたとき、全体の組み替えがあまり時間をかけずにできるか。
④不要になった資料を適時に処分するシステムが組み込まれているか。
⑤複数の利用者がいる場合、全員があまり迷わずに利用できるようになっているか。
五十音順、到着順・使用順に端から収納していく
パソコンによるデータ整理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする